ぴったりの入れ歯で快適に過ごすために

といったことはありませんか? ぴったり合った入れ歯を使っていれば、食事のときに痛むようなことはありません。もし頻繁にそういう問題が起こっているなら、入れ歯が合っていない可能性があります。

快適な毎日を過ごすためにも、合わない入れ歯が引き起こす多くの問題を防ぐためにも、心当たりのある方は早めにご相談ください。

入れ歯をつくる前に知っておきたいポイント

POINT1 筋肉や歯ぐき、舌

筋肉や歯ぐきの状態、舌の大きさ、かたちなどを考慮し、大きさも変える必要があります。

POINT2 噛み合わせ

多くの人はあごの関節がわずかにずれているので、これを考慮せずにつくると、噛むときに歯と歯がこすれ合うことになります。これが入れ歯が動いて摩擦で歯ぐきに傷ができたり、外れたりする原因になります。

保険適用と自費負担の入れ歯の違い

保険入れ歯 自費入れ歯
保険入れ歯 自費入れ歯

保険が適用されると入れ歯の費用は抑えられますが、当院では自費負担の入れ歯をおすすめしております。もちろんご希望の方には保険の入れ歯もおつくりしますが、材質と工数が限られているため、できることに限界があるのです。

自費負担の入れ歯は色やかたちの種類が豊富で、自然な見た目が手に入ります。金属床なら薄くつくることができるので、違和感もすくなくなります。口の中はとても敏感なので、合わない入れ歯で毎日過ごすのは苦痛そのもの。自費負担の入れ歯で、快適な毎日を手に入れましょう。

保険適用と自費負担の入れ歯比較表
  自費負担 保険適用
強度 高い やや低い
装着時の違和感 あまりない 自費負担にくらべるとややある
製作時の工数 多い すくない
歯の色・かたちの種類 多い すくない
床の種類 多い すくない
固定方法 多い 限られている

当院で取り扱っている入れ歯

  自費負担の入れ歯 保険適用の
入れ歯

ノンクラスプ
デンチャー

ノンクラスプデンチャー

チタン義歯

チタン義歯

コバルト
クロム義歯

コバルトクロム義歯

プラスチック義歯

プラスチック義歯
メリット 周囲の歯に固定するためのバネがないので、見た目が自然。
違和感も少なく、食事の熱が伝わりやすい。
1週間から1か月と短期で製作可能。
軽くて歯ぐきになじみやすく、金属アレルギーが比較的起こりにくい。食事の味がよくわかる。 床を薄くできるので、口の中を圧迫しない。
食事の熱が伝わりやすい
保険が適用されるので、価格が安い。最短で通院が4回ですみ、治療期間が短い。半年すればつくり直すこともできる。
デメリット 患者様の状態によって、作成できないことがある。 製作に長期間が必要。値段が高い。あごのかたちによっては製作できないケースもある。 半年から1年と、長期間の通院が必要で、あごのかたちによっては製作できないケースもある。 床が厚いので違和感がある。強度が低く、割れたりすり減ったりすることがある。あごの骨がやせると、合わなくなる。
審美性 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆
耐久性 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆

Pick up! インプラントはあまりおすすめしておりません

入れ歯と同様に失った歯の機能をおぎなう治療として、インプラントが注目を集めています。しかし当院では、あまりおすすめしておりません。その理由には、次のようなものがあげられます。

入れ歯もインプラントも、身体の機能をおぎなう治療なので、細やかな調整が必要です。そのため当院ではあえて、つくり直しや修理が可能な入れ歯をおすすめしております。

入れ歯に関することはどんな些細なお悩みでもお気軽にご相談ください 当院へのご予約・ご相談はこちら 044-210-4618